top of page

お知らせ・ブログ

青い空の真下で

最近は南区で工場敷地内のアカマツの剪定作業をさせていただいております。

樹木も人間と一緒で1本1本性格が違い、葉の大きさ、伸びる量、枝の分かれ方など同じ樹種でも異なります。

木と対話しながら切る枝、残す枝を見極めていきます。

剪定作業になるといつしかみんな無言になっていることが多いのはそのためかもしれないですね。

木と向き合いどう剪定したらどんな反応が返ってくるのか?試して改善の繰り返しです。

それが生き物を相手にすることの難しさでもあり楽しさでもあると思います。


                            フィールドスケープ H

Opmerkingen


bottom of page